英会話ができると就職活動で有利になれる?

英会話ができると就職活動で有利ということは本当に正しいのでしょうか

就職における英会話の価値を考えてみましょう

大手の企業であればグローバル化が進んでいますが、中小企業やその他の企業であれば英会話のスキルの必要性は低いと思われます。 また、大手の企業でも新入社員は自社内で教育するのが現在では中心になっており、志願者が思っているほど企業の英会話に対する期待度は低いと思われています。

英会話のスキルが評価される会社とは

今まで勉強してきた英会話のスキルを無駄なく就職に生かしたいと思っている方も多いと思います。 まだまだ、専門的な分野ですが英会話のスキルを活かせる会社もあります。 以前は、ホテルスタッフ、客室乗務員などがそうですがこれに加えて現在は家電販売店の店員、コンビニエンスストアの店員など幅が広くなってきました。

英会話のできる学生を企業はそんなには求めていません

企業に就職をする際には必ず入社試験と面接があります。
誰もが人生の大きなイベントとしてとらえていることだと思います。
その時、多くの方が考えるのがほかの志望者より少しでも優位に立ちたいという気持ちです。
大多数の方は他人よりいい会社に就職して仕事をしたい思いは強くあると思います。
そして誰もが思いつくのが英会話ができれば就職に有利だということです。
このような考えで多くの人が英会話習得に長い時間と費用をかけているのが実情だと思います。

このように苦労して学んだ英会話のスキルを何とか生かしたいと思っていると思います。
実際、入社試験には必ずと言っていいほど英語の筆記試験があります。
学校で英語は習いますが、なかなか英会話できるスキルまでは通常なかなか到達しません。
英会話のスキルがあれば他の志願者よりもより多くの点が英語の試験で取れるのが確実になります。
このように英会話のスキルがあれば、入社試験ではより優位に立てるとこれはかなりのアドバンテージです。

また、英会話のスキルの重要な点はコミュニケーションのツールだということです。
実際の会社では、組織で仕事をしますので多くの方とコミュニケーションが行われます。
そんな組織の中で、英語でコミュニケーションをする必要があればアドバンテージになります。
日本人には多くみられますが、普段はきちっとコミュニケーションができるのにこと英語でのコミュニケーションになると極端に消極的になる方がいらっしゃいます。
当然のことですが、英会話のスキルがあると無いのとは仕事の進み方のスピードがかなり速くなり仕事上でのアドバンテージになります。

広い意味でこれから本当のグローバル化で必要な語学とは

現在は、企業のグローバル化は欧米を中心に進んでいて英会話のスキルがある社員が活躍していますが、今後20年30年先を見た時には果たしてどうでしょうか。 例えば、中国やインドなど人口の多いところが世界経済における存在感を増してきています。 今までの何倍もの経済規模の国を重要視することが大切です。

TOPへ戻る