英会話ができると就職活動で有利ということは本当に正しいのでしょうか

広い意味でこれから本当のグローバル化で必要な語学とは

企業のグローバル化対応について

近年、企業のグローバル化が叫ばれています。
メーカーももちろんですが、飲食などのサービス業にもグローバル化が進んでいます。
また、大きな企業だけではなく中小企業の中にも積極的にグローバル化を進めている企業も増えてきました。
そんな環境が育ってきましたので英会話のスキルは今後仕事のスキルの一つとして重要度は増してくると思われます。
以前は、英語でのコミュニケーションはごく一部の社員に限られていましたが今後はかなりの部分で一般的なコミュニケーションになっていくことになります。

また、大きな企業ではまだ数は少ないですが社内の公用語を英語にする企業も増えています。
企業がグローバル化することにより、海外の支店等も増えいろいろな国の人たちが働くようになりスムーズにコミュニケーションするためには共通の言語基盤が必要になり、おのずと英語が公用語と決められることになります。

今、企業が求めている語学力とは

英会話のスキルが重要なのは今まで通りですが、今まで大きな市場になっていたアメリカやヨーロッパマーケットの成長は年々小さくなってきています。
企業は毎年毎年、必ず成長しなくてはいけないという命題を抱えているので常に新しいマーケットを探しているのが実情です。
そんな中、今企業はどこにマーケットを求めているのでしょうか。
製品でもサービスでもマーケットの仕組みは物がたくさん売れるか、大勢がサービスを受けてくれるかということにかかっています。
製品を購入する、サービスを受けるのは最終的には人です。

つまり、最終的には人口の多いところが大きなマーケットということになるのではないのでしょうか。
世界で人口の多いところはどこでしょうか。
一般的にはインド、中国があげられると思います。
中でも、中国の最近の経済発展には目覚ましいところがあり、このため中国語の会話ができるスキルが今後重要視される時代になると思われます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る