英会話ができると就職活動で有利ということは本当に正しいのでしょうか

英会話のスキルが評価される会社とは

就職試験には有利です

英会話のスキルは、就職には役には立たないのでしょうか。
そんなことはありません。
多くの企業の入社試験には英語の試験があります。
このため、普通の英語の勉強をしている方に比べて英会話のスキルがある方は点数がかなり取れると思いますので有利です。

また、企業の中にはもちろん英語の能力を重点試験項目にところもありそのような企業では、英語の試験のレベルは高く、最終面接まで行ける方は英会話力が高い方が選考に残ります。
そのため英会話ができるということはかなりアドバンテージになります。
面接も英語で行う企業もありそのためにも英会話能力は重要です。
すなわち、入社試験を突破するためにも英会話力は決して無駄ではありません。
絶対に英会話のスキルを持っていたほうが就職試験には有利です。

ネットワークを利用できれば最高です

日本の企業で、英語を使った仕事ができるのがもちろん一番希望にかなったことだと思いますが、少し目線を変えて柔軟に考えてみてはどうでしょうか。
英語を勉強している途中で、かなりの方は海外留学の体験があるのではないでしょうか。
人によってアメリカや、イギリスその他の英語圏で勉強をしたと思います。
その時に知りあった現地の友人などのネットワークを利用してはいかがでしょうか。
現地に会社の本社がある会社でも、日本に支社や日本法人を持っているところも多数ありそのようなところの採用情報が事前に入手できるかもしれません。そのような情報は、いろいろある就職サイトでは掲載されない情報のほうが多いので競争率ということにおいては有利に働くと思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る