英会話ができると就職活動で有利ということは本当に正しいのでしょうか

就職における英会話の価値を考えてみましょう

企業の英会話スキルに関する考え方

企業での英語のスキルについて考えてみます。
現在日本にある企業では、大きな企業はもちろんですが中小企業においても数は少ないですが海外でのフィールドを広げている企業があります。
そのような企業では、社員の英会話のスキルについてどのように考えているのでしょうか。
ご自分のまわりにレベルは違いますが英語が話せる方は何人いらっしゃいますでしょうか。
このように改めてみてみると結構、英語が話せる方がいらっしゃると思います。
英語を話せる日本人はかなりの数の方がいらっしゃるという事実です。

つまり、ある程度の企業では英会話でできる方がほぼいらっしゃることが基本になっています。
このように、必要があれば特別に探さなくても英会話ができる社員が見つかるということになります。
このため、特別なプロジェクトを進めないのであれば英会話のスキルを持った社員は必要にして十分だと思われています。

自分の仕事のフィールドを決めましょう

英会話力を生かすにはどうしたらいいのでしょうか。
英会話力が企業で必ず必要かというと一概にそうではありません。
ただし、自分の将来に向かって英会話力を活用してスキルを上げることは重要です。

まずは自分がこれから仕事をしていく上でどのように英会話のスキルを活用するかが重要です。
基本的には英会話力はコミュニケーション手段です。
仕事を行う上でのスキルと言えば言えなくはありませんが、仕事を効率よくこなすためのツールです。
このツールをうまく使うことを考えてください。
仕事の効率を英会話というツールで上げることができればそれは最善の方法です。

いつも自分の仕事のフィールドで英会話力が常に使えるところがないか探すことも重要です。
そうすることにより、自分でも気が付かないフィールドが見えてくることと思います。
そしてそのフィールは他人には入れないフィールドであれば最高のフィールドです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る